でかコッカーろびんが行く!
 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
イヤな予感
2010年02月24日 (水)
ろびんは、こう見えて なかなかのデリケート体質

合わないフードやお菓子で、すぐお腹をこわすし
耳や肌も弱いです


この前も、あまりにヒドイ下痢になっちゃったので病院へ
耳や肌に関しては、定期的に行っては薬をもらうの繰り返し。

だからといって、ドックDOG(年に1度受けてる健康診断)をしてみると
いつも内臓元気で、基本 健康優良児のデリケート体質…みたいな?


とにかく、問題は耳

慢性的に悪い状態なのは「コッカーだから仕方のないこと」
と、諦めているところがありました

とはいえ、フードを変えてみたり……病院を変えてみたり……
そして結局、言われるのが
「最終的には、手術で原因を取り除けば楽になる」ということ。

だけど手術は、どうしてもする気になれないので、耳の病気が得意な先生を探して
診てもらいに行きました もっと早く探せば良かった…


コッカーをたくさん診てきた事と、何より手術をしない方向でという考え方の先生 
通ってみることにしました


で………

とりあえず、アレルギー対策で、2週間の『療法食だけ』生活中
それと、肌のカイカイを治すために、薬浴を週1回


というわけで……………

明日はトリミングを予約

って事は、もしかして…もしかすると…………つるり?

スポンサーサイト
 
2008年06月20日 (金)

この2週間あまり、なんとエリザベス生活を送っています

だからといって…
              切ない感じかというと、そうでもなく

時々、ふいにエリザベスに邪魔される事はあるものの


ゴミ箱を倒し…
イスや机ににガツガツあたり…
飼い主に体当たり(エリザベスがあたると意外と痛い)…

歩きにくさは、パワーでカバーしていますjumee☆faceA109コラコラ


そもそも、なんでエリザベス生活かというと…
2週間ほど前に、耳の中の異物(デキモノ)を取る手術をしたのです

手術に関しては、麻酔の事、病院の事など悩む事ももりだくさん。
でも、デキモノが耳の穴をふさぐような形でできていたので
耳の奥を清潔に保つのが難しく、中耳炎などになる心配があるのと、
炎症を起こすと、ちょっと触っただけでも「ヒーヒー」痛がる
                 →消炎剤を服用の繰り返しだったのと、
万一、悪性のモノだったら困るのと、で、最終的に手術を決断。

手術当日
病院で偶然、前に1度遊んだ事があるわかめちゃんに遭遇。
入口にて、わかめちゃんからろびんへ、手術に向けてワンワン闘魂注入
ろびんからフィラリアのお薬をもらいに来ただけのわかめちゃんへ
倍以上のワンワン闘魂注入 …なぜ? 
おかげで、意気揚々と手術へ向かったのでした…わかめちゃんアリガトー笑
反対に飼い主は緊張しすぎで、わかめママとの会話も上の空ゴメンナサイー
そして、わかめちゃんに慰められて帰ってきました…わかめちゃんアリガトー。


数時間後、無事に手術終了
もしかして、心配で涙しそうになっちゃったみなさま…

本犬、いたってノンキ元気ですので、ご心配なく~

病理検査の結果、3つくらいの原因からなるものの良性
無事に手術が終わっても、もっと良い方法があったのかなぁーとか
色々考えそうになるけれど、これからたくさん長生きすると思えば
最善の選択だったと思うっ!……っていうか、思いたいっっ!!

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。